インプラントの歴史

インプラント、とは体内に人口太を埋め込む、ピースメーカーのようなものもすべて含まれている総称ですが、一般的にはそれらのことではなく、歯の治療におけるデジタルインプラントのみを言う際に使われている言葉です。

顎骨にチタン合金を埋め込み、義歯を付けて違和感なく生活を送れるようにするもので、歯周病などで歯を失った人などには非常に大人気です。比較的長持ちもしますし、しっかりと義歯を固定できるので、そう簡単に外れてしまうこともありません。

ただ、インプラントという言葉自体は、ここ最近で有名になった言葉です。比較的新しい治療なのではないか、と思われるかもしれませんが、実は歯のインプラント自体は2世紀から3世紀辺りから行われている非常に歴史のあるものです。もちろん、現在のインプラントの形になるまでには時間はかかりましたが、1900年代からは治療として使われ始め、日本でも1990年代には一般的に流通するようになりました。日本はちょっとだけ歴史が浅いので、まだまだインプラントを行うことに足踏みをする人も多いです。

ですが、インプラントの誕生からの長い歴史と、安全面や確実性がより高くなっているここ最近のインプラントの治療を知れば、そのような心配はきれいさっぱり無くなってしまうことでしょう。ぜひとも、これから紹介するインプラントの誕生についてと、最新のインプラントについてみて頂いて、インプラントに対する警戒心を解いていただけたらと思います。