最新のインプラント

最新のインプラントにはいくつかあります。まず、オール・オン・4と呼ばれるインプラントは、全ての歯を失ってしまった方へ向けて、上顎下顎にそれぞれ4本ずつだけで、全ての義歯を取り付けることができるというものです。従来は全ての歯を取り付けるのには十数本必要だったので、手術に時間がかかり、腫れも長引き、料金もかなりかかってしまうなどのデメリットもありましたが、それを見事にカバーしている治療法だと言えます。

次に、フラップレス手術というインプラントの手術方法です。従来のものだと、歯茎にメスを入れて、捲り上げ、顎骨の位置を確認してからインプラントを埋めていたのですが、これだと歯茎が腫れてしまい、長い間痛みが発生することもあります。しかし、フラップレス手術ならば、それを行わないので、酷い腫れを抑えることができます。

そして、最後は最新技術で可能になった、ノーベルガイドというものです。これは手術方法や埋め込むインプラントが大きく変わったわけではありませんが、インプラントをどの位置に埋め込むか、ベストなかみ合わせになるのがどの位置になるのか、どのような義歯にすればいいのか、ということをコンピューターグラフィックによって導き出すというものです。このノーベルガイドのおかげで、インプラントの成功率、満足度が大きく変わったと言っても過言ではありません。